趣味の数学とプログラム。楽しい数学の世界へようこそ!

このサイトについて

このサイトは、ちょっと楽しい数学の問題とプログラムを紹介するサイトです。

2020年春から、地元の数学愛好会に参加しています。この会は「大学数学について語り合いましょう」という呼びかけで始まった会です。私は数学科出身ですが、大学数学には全くついていけなかったので、何十年ぶりかでリベンジ!で、お話を聞く側のつもりで参加しました。

ところが、話す側としても、と予想外の展開に。ネットで題材を探すのですが、おもしろそうで、かつ私自身が理解できて、人にも説明できる、という条件を満たす必要があります。

こうして見つけた楽しい問題も、発表を終えると今の私の記憶力では忘れてしまいがちなので、自分のための備忘録も兼ねて、このサイトで紹介していきます。

 

大学数学のうち、唯一その後の人生に影響を与えたのが計算機科学です(正確な名称は忘れましたが)。チンプンカンプンながら、「わかるようになりたい」という気持ちから、「コンピューター関係の仕事に就きたい」と思うようになり実現しました。

大学ではコンピューターを実際に使う機会は少なく(非常に消極的でやる気も乏しい学生だったので、なおさら)、ほぼ未経験のままでの就職でしたが、家電メーカーの工場に置かれたコンピューター部門「計算機室」に配属されて、いきなりプログラムを作る毎日が始まりました。

本を読むだけの計算機科学とは違い、実際にプログラムやシステムを作ることは、手応えがあって興味深く、私に合っていました。会社を変わっても続けていたSEという仕事を、二人目の出産を機に辞めたのは、インターネットが普及する前のこと…古い古い話です。

数学愛好会で発表する際に、グラフなどで視覚化できたら理解しやすいのでは?と思いついて、Excelで作ろうかと調べかけたときに、Python(パイソン)はブラウザ上で作って実行できると知りました。やってみると、導入も簡単です。初心者向けの動画やサイトを参考に作り始めたので、こちらも紹介していきます。

脳の回路がすっかり錆びついて、悪戦苦闘していますが、数学もコンピューターもとても楽しい世界です。この楽しさを少しでも伝えていけたら…と思っています。よろしくお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です